ホワイトニングって

ホワイトニングとは、いろいろな食べ物を食べているうちに、もしくは長い間の喫煙や加齢などで、変色したり、着色したりした歯を直接削り取ることなく、白くする方法です。昔は主に審美歯科で行われていましたが、今は一般の歯科でも行われているところも多くあります。

今から約20年前の1995年、芸能人は「歯が命」というCMが流行ったことがありますが、ご存知でしょうか?このCMは、美白歯磨き粉のCMですが、男女二人の俳優さんが白い歯を強調しているCMでした。この頃から単なる体の一部、もしくは食べるための道具というだけではなく、歯そのものが美しさの評価に関係する部分という位置づけに変わったような気がします。それまでは、あまり歯そのものの美しさが脚光を浴びることは少なく、どちらかというと、虫歯などの病気や、歯並びのほうが着目されていました。

このCMをきっかけに白く輝く歯に魅力を感じ、今や一般の人たちも芸能人と同じように白い歯にあこがれを持ち、興味を示すようになりました。現在、ホワイトニングとして、その治療が確立しています。ホワイトニングは、大きく二つの方法に分けられます。一つは何度か歯科医院に通院して院内で行うオフィスホワイトニングと、あらかじめ歯科で個人の歯型に合うトレーを作ってもらってから、医師の指導のもと、自宅で行うホームホワイトニングです。ここでは、誰でも気軽にできるようになった、二つのホワイトニングについてまとめてみました。